池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
女性の希望をかなえる短期間集中脱毛の専用サロンです。
池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
tel:03-5927-1086 MENU tel:03-5927-1086 tel:03-5927-1086 WEB予約はこちら WEB予約はこちら WEB予約はこちら MENU

ほくろがある部位の脱毛や施術をする前後の注意点について

ほくろがある部位の脱毛方法について


現在では毛の処理の負担を少なくするために脱毛を利用している人は多いです。毛の処理の負担が減れば処理する時間に余裕をもたせるために朝早く起きる必要も少なくなります。また、カミソリの使用による肌荒れを引き起こすことも少ないです。一般的にはサロンを利用することで毛の処理をしてもらえますが、実際に処理ができない部位があります。それはほくろがある部分です。もしほくろがある部分にレーザーを照射するとやけどを引き起こす可能性があります。もしやけどを起こせば治るまでに時間がかかります。これから施術を受けることを検討している人の中にはほくろがある部分の毛の処理をサロンに行って欲しいと思われている人も多いでしょう。サロンでは様々な対処法によってほくろがある部分でも施術が実現できるように工夫をしてくれます。
その方法はほくろがある部分を避けて行うことです。この方法を選択できる人はほくろの大きさや濃さや形状によって変わってきます。例えばほくろが小さい場合、この方法を選択することは難しいです。その他にもこの方法を選択する時はほくろの数が少ないことが求められます。数が多いとその部分を避けることができないからです。また、脱毛する部位からある程度離れている人は避けて照射できます。その他の方法としてはシールを使用することです。白いシールを貼ることで間違えてレーザーがその部分を照射してしまうリスクを少なくできます。しかし、シールを貼る方法でもほくろの数が多い人は難しいです。また、施術を受ける部位の近くにほくろがある方もこの方法で行うことはできないケースがあります。
その他の方法としては出力を下げる方法です。出力を下げれば複数のほくろがある人でも施術を受けることができます。最後の方法としてはほくろを除去して脱毛を受けることです。例えば大きいサイズのものやほくろが濃いと受けられない可能性があるので、除去をしてその後に施術を受けます。また、別の脱毛方法で行う人も多いです。このように様々な方法があるので、ほくろが気がかりでなかなかサロンを利用できない人でも一度サロンを利用して自分が施術を受けることができるのか相談をしてみてはいかがでしょうか。

脱毛前の注意点について


脱毛をすることによって体全体を毛の不快から解消されるのは魅力的ですが、施術前には注意したいことがいくつかあります。安全に施術するためにもここでは施術前に注意したいことについて話します。
まず1つ目は日焼けです。種類によって異なりますが、基本的に日焼けなど炎症している肌には施術ができないことがほとんどです。基本的にレーザーなどの光は黒い色に反応してしまうので特に酷い日焼けは施術NGとなることがほとんどです。その為、対策としてはサロンに通う1週間前には紫外線は避けるようにしたほうがいいです。
続いて2つ目は薬の服用にも注意をしましょう。例えば風邪薬や花粉症の薬、血流をよくする薬など薬を服用している場合は肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。施術の際には使用しているかしていないかは安全に行うためにも正直に答えるようにするといいでしょう。
続いて3つ目は飲酒をしないことが基本です。飲酒は脱毛とどんな関係があるのか気になる方もいるかと思いますが、実は飲酒は血流が良くなり体温が上がります。そうなると治療をした後に痒みを感じやすくなります。痒みを感じて掻いたりすると炎症につながる可能性も高く危険なので禁止されています。このように、施術をする前には注意したいことがいくつかあるので、サロンでも聞くかと思いますが、不安な人は施術を受ける前に調べた方がいいです。

脱毛後に注意したいこと


施術前にはいくつか注意点がありますが、施術後にも気を付けなければならないことがいくつかあるので紹介します。
まず1つ目に気を付けたいのが血行をよくする行為です。例えば入浴や岩盤浴など施術後すぐに入ると肌のトラブルの原因になります。また、お風呂には目には見えない雑菌がたくさんいる可能性も高いです。リスク回避をするためにも直後は入らない方が安全です。
続いて2つ目は保湿クリームの使用です。保湿クリームは肌を保護するためにも使用したらいいと思って使う人も多いですが、実は保湿クリームは油分を含むので毛穴に詰まりやすい特徴があります。除去するのが難しく、次回の脱毛などにも影響が出てしまう可能性もあるので、施術後はサロンなどで販売されている専用のローションやジェルを使用するといいです。
続いて3つ目の注意点は予防接種です。風邪やウイルスなどを予防するために接種する人たちも多いですが、実は予防接種には副作用が現れる場合もあります。特に施術後は微熱やだるさなどの副作用が現れる可能性もあるので、なるべく2週間ほどは空けた方がいいと言われています。このように、注意したいことはいくつか存在するので、安全に施術を受けるためにも守らなければならないことは頭の中に入れておくといいです。

次の記事へ