池袋駅徒歩3分の脱毛サロン

女性の希望をかなえる短期間集中脱毛の専用サロンです。

池袋駅徒歩3分の脱毛サロン

tel:03-5927-1086 MENU tel:03-5927-1086 tel:03-5927-1086 WEB予約はこちら WEB予約はこちら WEB予約はこちら MENU

失敗しないサロン選びと、vio脱毛の剃り方

vio脱毛って?


今流行りのvio脱毛をご存知でしょうか。vはショーツからはみ出るビキニライン部分、iは股下部分、oはおしりの周りの毛のことです。形がV字、I字、O字に似ていることからこう呼ばれるようになりました。なんとなく英語の略だと思われがちですが形からきているんです。脱毛サロンで人気の部位1位は、ダントツで脇で、その次は足や腕など見えるところが並びます。
海外ではずいぶん昔からアンダーヘアにも気を配り、小さめにVラインを脱毛してきわどいビキニを着たり、剃り方を工夫してハート形にしたりとおしゃれを楽しんでいる人も多くいますが、日本はどうでしょう。数年前まではマイナーでしたが、最近急激にvioの隠れた部分も脱毛してお手入れする人が増えてきました。彼とのデートや温泉やプールに備えてということでしょうか。vio脱毛をする前は、スカートタイプの水着ばかり着ていた方でも、脱毛した後は、楽しくビキニが着られるようになります。実際に海外旅行をしたとき、ビーチにいるのがビキニの人ばかりで、スカートタイプが誰もいなかったのをきっかけに脱毛に踏み切ったという方もいます。海外旅行をする人が増えたのも背景にあるようです。きちんと前もってお手入れしておけば、いざという時に焦ることもなくはみ出てないかを気にすることなくおもいっきり楽しめます。
vioラインの脱毛の目的は、おしゃれやマナーだけではありません。デリケートゾーンの蒸れやかゆみを防ぎ、清潔に保つ役割も果たします。肌がデリケートになりトラブルを起こしやすい生理中でも快適に過ごせます。ぜひ、vio部分まできっちり脱毛してストレスフルにすべてのことを思いっきり楽しみましょう。

vio脱毛サロンの選び方


通常脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛という痛くない脱毛方法が用いられています。光を定期的に毛に照射することで毛を薄くしていく方法です。毛には毛周期と呼ばれている育ってから抜けるまでのサイクルがあります。脱毛の効果を強めるために、毛周期に合わせた数か月ごとに通うことが必要です。
フラッシュ脱毛の機械は、黒いものに反応するので1回で多くの効果を得るためには、その間は毛の処理を休み、多くの毛が生えていることが重要です。抜くことはもってのほかです。他の人から、見えない場所なら生やし続け、見える場所なら剃りましょう。1回ごとの照射回数を何倍にもできる機械を使っており、毛周期に関係なく数週間という超短期サイクルで施術できる脱毛サロンも進出しつつあります。通常2年かかっていた脱毛が、半年で終わることができる魅力的な機械です。もともとの脱毛器は日焼けやニキビなどで肌がダメージを受けていると施術ができませんでしたが、そういった肌トラブルでも安全に施術が受けられます。もう、脱毛完了までに2年かかるという概念は古くなりつつあります。
抑毛成分を配合したアフターローションを扱っており、脱毛効果をより高めてくれたり、日ごろのケア指導を丁寧にしてくれたりするサロンや、肌を傷めない剃り方を教えてくれるサロンもあります。金額設定も、一括、月々固定、ローンが組めるなどさまざまです。自分が通える時間帯や立地条件、お財布事情とよく相談して決めましょう。迷った時はお試しコースを活用し的確にアドバイスをもらえるレベルの高いスタッフさんのいるサロンを見つけてください。

肌を傷つけない剃り方


サロンによっては、脱毛前の毛剃りは別途費用がかかるところもあるので、サロンに確認しましょう。できれば処理をしてくれるサロンがお勧めです。別途費用がかかるのであれば、自分で前日か前々日に処理をしましょう。ただし、間違った方法で毛を剃ってしまうと、肌が荒れてしまい当日vio脱毛施術が受けられないといった残念な結果になることもあります。肌を傷つけない剃り方をしっかりとマスターしましょう。これを覚えておけば、急な海やプールへのお出かけもばっちりです。
まずは剃る場所ですが、みなさんすぐに洗い流せるお風呂で剃っていませんか?剃った後は肌も傷んで荒れやすく、お風呂場は雑菌も多いのでお勧めできません。体を洗ったお風呂上りが肌も清潔で柔らかくなっておりベストなタイミングです。肌への負担と、手元が狂って誤って切ってしまうことがないようカミソリではなく顔の産毛用電気シェーバーを使いましょう。デリケートゾーンのシェービングにもぴったりです。
剃り方は、自分が一番安定できるポーズで行ってください。お勧めは、寝転がって足を90度くらいに上げられる高さの椅子に足を肩幅より少し広く開きます。その椅子に鏡をぶら下げられれば視野も確保でき、なお良しです。VラインとIラインを剃るときは、デリケートゾーンを守るために小さいパンツを穿きましょう。O部分は、M字開脚をして剃ると楽です。ただ、肛門付近の皮膚は柔らかく薄いので簡単に傷ついてしまいます。肛門付近を傷つけると、排便の際などに雑菌が入り病院に行くことになるので、1本1本剃るように時間をかけて気を付けて行いましょう。

次の記事へ