池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
女性の希望をかなえる短期間集中脱毛の専用サロンです。
池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
tel:03-5927-1086 MENU tel:03-5927-1086 tel:03-5927-1086 WEB予約はこちら WEB予約はこちら WEB予約はこちら MENU

女性の脱毛に関する悩みを解消しましょう


脱毛自己処理のデメリット1



女性なら誰でも持っている、ムダ毛についてのお悩み。薄着の季節になると、ワキやヒザ下の毛は特に気になるという女性も多いです。また、どうしたらいいのか分からなくて、「とりあえず自己処理してみたけど、やらなきゃ良かった」というような思いをしたことありませんか。間違った自己処理をすることで、知らないうちにあなたの肌はとても傷ついています。そのため、ここでは一般的な自己処理と、その処理が肌にどれだけのダメージを与えるのかについてご紹介します。

まず「毛抜き」です。毛根から毛を抜くため、次に毛が生えてくるまでに時間がかかるので、とても良い処理方法に思えます。しかしながら、自然に抜け落ちる前の毛を無理に抜くため、毛根や毛周りの皮膚にかなりのダメージを与えます。ダメージを受けた肌は、これ以上ダメージを受けないために、ターンオーバーをわざと遅らせて古い角質を溜め込み、どんどん分厚くなります。そうなってしまった肌では、毛は表面に出てくることが出来ず、皮膚の中で毛が成長してしまう「埋没毛」になってしまいます。ワキやVラインなど、皮膚の柔らかい場所でよく起こります。

「カミソリ」は、手軽で、剃った直後はキレイになっていますが、毛を剃ると同時に肌の表面も削っていますので、肌にかける負担は大きくなります。入浴中にムダ毛処理をする方も多いと思いますが、肌が柔らかくなった状態で「カミソリ」を当てると、より皮膚の角質をはがすことになり、そこから雑菌が入って「毛嚢炎」の原因となります。処理した「カミソリ」が不衛生であっても「毛嚢炎」となりますし、治った後もシミとして残ってしまうことがありますので、注意が必要です。また毛の表面が鋭利になっていますので、伸びてくるとチクチクします。



脱毛自己処理のデメリット 2



「脱毛テープ」は、貼ってはがすだけという手軽さと、広範囲を一気に脱毛ができるため、人気があります。ですが、テープをはがす時に、毛と一緒に肌の角質もはがしてしまい、ダメージ的には、「毛抜き」と「カミソリ」を合わせたほどの破壊力があります。毛の流れに逆らってテープを一気にはがさないと、上手く毛が抜けないため、かなりの痛みも伴います。

「脱毛クリーム」は、毛穴の少し奥までクリームが入って毛を溶かしてくれるので、「カミソリ」で処理したようなざらざらの手触りにならず、キレイに仕上がります。毛の表面が溶けるせいか、少し伸びてきても、チクチクした感じもしません。ただ、ほとんどの「脱毛クリーム」には、毛のたんぱく質を溶かすために、アルカリ性の薬剤が入っています。毛と肌は、同じたんぱく質であるため、毛を溶かすほどのものを肌につけるとどうなるか、わざわざ説明しなくても、分かっていただけると思います。また、「脱毛クリーム」をする前には、必ずパッチテストを行わなければならないので、思い立ったその日に脱毛はできませんし、クリームの臭いのキツさも気になります。

どうしても自己処理をしたいなら、電気シェーバーがおすすめです。肌を清潔な状態にしてから、シェービング専用のクリームなどでしっかり潤いを与えてから、毛の流れに沿って、力を入れないようにしましょう。剃り終わったらぬるま湯でムダ毛を洗い流し、アルコールの入っていない化粧水などで水分を与えてから、クリームで蓋をしましょう。

また体調が優れない時や、女性特有の生理前後の数日間、日焼け後などは、肌が不安定になっているためムダ毛の処理はやめておきましょう。



サロンに行く前に



最近では、「何らかのお手入れをしている」という人が増加しているアンダーヘアーは、デリケートな場所だけに、「埋没毛」や「毛嚢炎」の心配があったり、伸びてチクチクも我慢しづらく、自己処理をするのは、少し怖いですよね。しかし、「自己処理は、やっぱり肌の負担が大きいし、脱毛サロンに行ってみよう」と思っても、「サロンの数がありすぎて、どこを選んだらいいのかわからない」といった悩みが、出てきてしまいます。

まずは話だけでも聞くことのできる、カウンセリングが無料のところや、体験キャンペーンを行っているところに行ってみるのがいいでしょう。せっかく契約して高いお金を払ったのに、自分が思っていたようなサロンでなかったり、想像したより施術が痛くて通えなくなったりしては、お金を無駄遣いするだけになってしまいます。サロンによって行う施術方法が違いますので、自分に合ったものを見つけましょう。

また、それぞれサロンの特徴があります。「ここは、この部分を特に安く施術してくれる」、「ここでしかこの施術はできない」など、ネットや口コミなどで、情報収集するのもおすすめです。みなさんの悩みとなるだけあって、現在ではサロンは多数あり、顧客獲得のための競合も激しくなっています。自分にピッタリの、そしてお得に利用できるサロンを探してみてください。

次の記事へ