池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
女性の希望をかなえる短期間集中脱毛の専用サロンです。
池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
tel:03-5927-1086 MENU tel:03-5927-1086 tel:03-5927-1086 WEB予約はこちら WEB予約はこちら WEB予約はこちら MENU

池袋で駅近安心の脱毛サロンを見つける方法


優良脱毛サロンが池袋に多い理由



お肌のお手入れは女性にとっても男性にとっても時間とお金をかけたいところです。美容系のクリニックには地域ごとにそれぞれ特色があり、自分に合った雰囲気の店舗を選ぶことで施術の効果をよりいっそうアップさせることができます。

高い店の多いイメージがあるエリアでもなかにはわりとリーズナブルな料金設定を掲げているエリアもあります。例えば池袋では、オフィス街で働く女性を主なターゲットにしているため幅広い料金プランからニーズにかなうものを選択することができ、なおかつお試しコースも充実しています。スタッフの年齢層も若いところが多く、ほどよくフレンドリーな接客で利用者の疲れた心を癒やしてくれます。

池袋とは対照的に高級志向で顧客を獲得しているのが銀座です。銀座と聞くとそれだけで高級感あふれる店構えをイメージしてしまいますが、実際に銀座辺りには1回の施術が1万円を超えるクリニックが多数出店し、時間とお金に余裕のあるシニア層を中心に安定した支持を広げています。サービスのクオリティはもちろんのこと接客術やおもてなしも超一流で、その店独自のラグジュアリーなオプションサービスを用意していることが多く、たとえ短い時間でも非日常的な安らぎを得ることができます。同じ高級路線であっても、六本木や赤坂はメインターゲットとしているユーザー層に微妙な違いがあります。

サービス方針だけでなく、スタッフのカラーにも地域ごとの特性が表れます。若年層のユーザーの多い駅近エリアでは比較的若いスタッフが多く、フレンドリーな接客とスピーディーな接客を売りにしている店舗が多いようです。高級志向の店では施術以外の部分に付加価値をつけ、ラグジュアリーな雰囲気を演出することで他のエリアとの差別化をはかっています。



痛い?危険?脱毛サロンにまつわるいくつかの誤解



クリニックでの施術においては自宅では行うことのできない特殊なテクニックが用いられます。そのため、ごく一部ではありますが、クリニックでの施術に関していくつかの誤ったイメージが浸透しているのも事実です。

最もよくある誤解は、痛みに関するイメージです。サロンでの施術は痛い、というイメージが初心者を中心に根強く残っているようですが、そのほとんどが誤解によるものです。もちろん、皮膚の毛根に直接働きかける施術なので多少の傷みや違和感はともないますが、世間一般に広がっているような、「施術はとんでもなく痛い!」というイメージは、少なくとも業界全般には当てはまりません。痛みの程度は施術方式によっても異なり、施術中にどの程度の苦痛が伴うかは事前カウンセリングの段階で担当スタッフから時間をかけて説明があります。カウンセリングの時点で施術をキャンセルすることも可能ですので、スキンケアに少しでも疑問や不安があればそのサロンでの利用をやめる、という選択肢もあります。

いったん剃毛すると毛が濃くなる、というのも根強い誤解のひとつです。これはもはや都市伝説レベルの誤解であり、科学的根拠はまったくありません。確かに、毛を剃ったあとにかえって剛毛が生えてくるケースは考えられます。ただし、それは正しくない方法で強引にムダ毛処理を行った場合の話であり、きちんとしたサロンの施術によって毛が濃くなるようなことは決してありません。間違った方法によって剃毛を行うとその部分の毛根が傷つき、その傷をカバーしようとして次に生えてくる毛が一時的に強くなります。これが「むやみに剃毛すると毛が濃くなる」という都市伝説の真実なのです。池袋には駅近で良心的なクリニックが多数出店していますので、安全なかたちでスキンケアを行うことができます。



男女でこんなに違う!脱毛に対するスタンス



池袋には男性向けの駅近サロンが数多く営業していますが、スキンケアに対する考え方は男女でかなり異なっているようです。

男性の場合、スキンケアを定期的に行う理由は結局のところ「モテるため」ただひとつしかありません。平成の時代になって急速にメンズエステが普及してきたのは、女性にモテる男性像が大きく変わったからです。中性的で女性っぽさを感じさせる男性がもてはやされるようになった背景には、それまでスキンケアには一切配慮してこなかった男性たちへのアンチテーゼも含まれているのではないでしょうか。美肌を生業とするプロのモデルは別として、純粋に自分のためにスキンケアを行う男性はめったにいません。男性にとってのスキンケアはほぼ例外なく異性にモテるための手段であり、アピール方法のひとつなのです。

一方の女性はしばしば、自分を高めるためにスキンケアを行います。もちろん、意中の男性にきれいな素肌を見せたい…といういささか色っぽい動機もないわけではありませんが、半数以上の女性は誰に見せるわけでもなく、ただただ自分のポテンシャルを高めるために毎月コストをかけてエステやスキンケアに通うのです。

同性の目を意識するのも女性の特徴です。「女性のライバルは女性」とよく言われるように、女性は往々にして、職場の同僚など身近な存在に少しでも差をつけるためにスキンケアに時間と労力を費やすことがあります。気になる部位も男女で違いがあります。女性は主に脇やデリケートゾーンのムダ毛を気にするのに対し、男性は胸毛やすね毛などを定期的に処理する傾向があるようです。

次の記事へ