池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
女性の希望をかなえる短期間集中脱毛の専用サロンです。
池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
tel:03-5927-1086 MENU tel:03-5927-1086 tel:03-5927-1086 WEB予約はこちら WEB予約はこちら WEB予約はこちら MENU

VIOラインの脱毛とはどういう脱毛なのか?

デリケートゾーンの処理のことをハイジニーナとも言います


近頃は女性も男性も気軽に脱毛処理を受けるようになりました。以前は費用が高く手が出せない施術だったのですが、現在はかなり費用が下がり、またキャンペーンなどを利用するとさらに低価格で施術できるようになっています。男性もむだ毛に対する意識が変わり、むだ毛は男らしく男性らしさを強調するものというイメージから、女性に不要といわれてしまうことがある必要のない毛として、処理する方が多くなっています。
日本国内では脇、足、腕などのムダ毛処理を行う人が多く、特に脇は処理していないとエチケット違反などいわれることもあります。思春期の年齢で、親御さんがむだ毛のことで苦労してほしくない、恥ずかしい思いをしてほしくないと、施術を受けさせるケースもあるようです。
また近年、VIOラインも丁寧に処理される方が増えています。ビキニラインにIライン、Oラインの処理は少し前まで日本人が処理する事が少なかった部位ですが、海外でハイジニーナと呼ばれる全部処理してつるつる状態にすることが流行し、日本でも実際にハイジニーナにされている女性も増えています。
水着からむだ毛がはみ出すことなどを無くすため、処理される方も多いのですが、衛生的であるということや肌トラブル、蒸れなどもなくなるということで行う方も増加傾向です。
海外セレブから始まったといわれているVIOラインを全て処理することは日本でもハイジニーナと呼ばれています。女性だけではなく、男性もむだ毛としてデリケートゾーンを処理されるという方がいて、モデルさんなどは男性でもこうした処理を積極的に行っています。VIO脱毛について、どの部位なのか、VラインやIライン、Oラインがわからないという人もいますので、詳しく理解しておくようにしましょう。

一人で自己処理は難しいVIOライン


VIOラインがどの部分にあたるのかよくわからないという人もいるでしょう。ここで説明しますので理解しましょう。まず水着を着たときにデリケートゾーンのむだ毛がはみ出さないように、一般的には逆三角形に処理されることが多い部分、これがVラインです。そのVラインよりも他の部分、女性の場合、女性器の周りのことをIラインといいます。そこからお尻の方に向かい肛門の周りをOラインとし、肛門周りのむだ毛の処理をする時は、Oラインの処理を行います。こうした三つのライン、Vライン、Iライン、Oラインを合わせてVIOラインといいます。
Vライン、Iライン、Oラインをすべて毛のない状態へ処理する場合は、ハイジニーナと呼びます。Vラインの場合、自分の目で見ることができるので、両手を使って自己処理することもできますが、Iライン、Oラインは自分で処理する事がとても難しい部位です。鏡をあてて見ながら行うにしてもかなり難しいでしょう。
カミソリでの処理はVラインはできると思いますが、Iライン、Oラインはかなり平たんではない部分が多く非常に危険です。また自己処理の場合、生えてきたときがチクチクと下着に擦れてかゆくなるので、できれば専門家の方に処理したほうがおすすめの箇所です。
VIOラインに関しては男性も女性も自分で処理する事が難しいので、サロンやクリニックなどで、光脱毛、レーザー脱毛等を利用し処理される方が多いのです。日本人の多くがこうしたデリケートラインの処理が恥ずかしいと感じ、サロンなどでの処理を避けていたのですが、最近は多くの方が処理しています。

VIOラインの処理は痛い?痛くない?


デリケートな部分だからこそ気になるのは痛みです。とても敏感な部分なのでどのような施術を行うにしても施術に傷みがあるのではないかと不安をお持ちの方も少なくありません。まずデリケートゾーンは普段人にみせない部分であり、体の中で最も人の目にさらされにくい場所となるので、恥ずかしいという気持ちが先行するようですが、処理される方は皆さんプロで、処理の専門教育を受けている、またもしくはクリニックなどで医師、看護師が行う施術です。
プロの方は、施術を受ける方がより効果を感じて、むだ毛が濃いなどのコンプレックスを拭い去ってほしいという気持ちを持って丁寧に施術してくれますので、恥ずかしいと思う気持ちは持たなくていいですし、何度か通っている間に慣れていくケースが多いです。
このVIOラインの施術について、痛くないと広告されているところもありますが、処理については痛みがあるという方もいます。痛みは個人差がありますので、痛みを感じないという人もいれば、痛みを強く感じる方もいます。
ただ利用する脱毛機器の種類によって、照射能力に差があり、光脱毛や医療レーザー脱毛の場合も痛みを感じることが多いと思います。痛みについては針脱毛、ニードル脱毛も感じることなので、自分が最も安心できる方法、お試しなどを行ってみて、痛みが少ないと感じる方法を選択するといいでしょう。
他の部位と比較してそれほど痛くないと感じる方もいますし、他の部位の方が痛いという方もいます。施術を受けてみないと痛みの度合いはわからないのですが、クリニックなどの場合、痛みが強い時、局部麻酔や塗る麻酔を利用してくれるので、それほど心配することはありません。

次の記事へ