池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
女性の希望をかなえる短期間集中脱毛の専用サロンです。
池袋駅徒歩3分の脱毛サロン
tel:03-5927-1086 MENU tel:03-5927-1086 tel:03-5927-1086 WEB予約はこちら WEB予約はこちら WEB予約はこちら MENU

毛嚢炎 毛嚢炎

脱毛や除毛にはどうしても肌荒れのリスクがあります。その一つが毛嚢炎(もうのうえん)です。

毛嚢炎(もうのうえん)とは 毛嚢炎(もうのうえん)とは

毛嚢炎(毛包炎とも)とは、ニキビのようなブツブツが肌に現れる皮膚炎です。脱毛などで肌が痛んで弱くなると、毛穴の奥の毛包に雑菌が感染して毛嚢炎が起きやすくなります。
見た目はニキビの小型版のようですが、厳密に言うとニキビとイコールではありません。ニキビの定義はもう少し広く、そのなかには毛嚢炎も含まれるのですが、別の症状である白っぽい膿が毛穴に詰まった状態も含まれます。通常はかゆみや痛みを感じることはありませんが、悪化した場合はかゆみや痛みを感じることがあります。また、まれに患部が硬くなることもあり、悪化すると発熱を伴うこともありますが、軽度で炎症が少ない場合はブツブツの赤みも少なく、それほど目立ちません。炎症が強くなるとブツブツの赤みが目立つとともに、患部を触るとヒリヒリとした痛みを感じます。

毛嚢炎とは

脱毛が原因の場合もある 脱毛が原因の場合もある

脱毛では毛根や毛穴の黒い色素に光の熱で刺激を与えて反応させます。そのため、毛穴の周囲の皮膚にも光による熱が原因で火傷のような炎症を起こすことがあります。また、光は毛穴の細菌にも作用してしまい、一時的にバリア機能が弱まるため、皮膚表面の菌などが毛穴に入り炎症が起こることがあります。脱毛では、熱で毛穴に作用するという脱毛の特性上どんな人でも毛嚢炎のリスクはゼロにはできませんが、起こってしまっても正しい対処方法と治療法により症状は治まります。正しい知識を持って脱毛に臨むことが大切と言えるでしょう。もし、毛嚢炎と思われる状態になった場合は、早めに医療機関を受診するなど対策をすることが必要です。

parts_ttl.png

基本的には、皮脂が多く分泌されるところや、ムダ毛が濃くてムレやすい=雑菌が繁殖しやすい部分にできると言われています。

毛嚢炎ができやすい部位

ココエピなら毛嚢炎のリスクが軽減される ココエピなら毛嚢炎のリスクが軽減される

ココエピの採用するSHR脱毛でも毛嚢炎のリスクはありますが、SHR脱毛は肌への刺激が少ない為、リスクを軽減することが可能です。

  • 脱毛後のケアをレクチャー 脱毛後のケアをレクチャー

    ココエピでは施術後に保湿ケアのご説明を行っています。脱毛後は2,3日肌が乾燥しやすくなることがあるのでご自宅でもスキンケアしていただく事が重要です。ご自宅でケアする場合は沈静作用や肌のバリア機能を高める化粧品でケアすることをオススメします。また、自己処理する場合はカミソリや毛抜きよりも肌に優しい電気シェーバーでの処理がオススメです。

  • 自己処理のリスクを早く解消 自己処理のリスクを早く解消

    カミソリや毛抜きなどの自己処理でも毛嚢炎になる場合があります。また、光脱毛やレーザー脱毛で光を一度照射すると、次の施術までに数ヶ月の間隔を開けるのが一般的ですが、肌のバリア機能が一時的に弱っていることもあり、その間に自己処理するとさらに毛嚢炎のリスクが高まります。ココエピの脱毛では短いサイクルで脱毛することができ、自己処理の回数を早い段階で減らすことができるので自己処理での毛嚢炎のリスクを軽減できます。

WEB予約
メニュー